だらっとブログ

pachi120.exblog.jp ブログトップ

ドラマ白夜行を見て

小説版が好きだった白夜行がドラマ化したので初回放送を見ました。
まずビックリしたのが小説のラストシーンから物語がはじまった事。
ラストを冒頭でチラッと見せる演出はわけわからんくなるから好きじゃないよ…
2度目にビックリしたのは登場人物がほぼ全員大阪弁をしゃべっていない事。
まぁ方言って難しいし、設定の場所を変えても仕方ないよね〜と思ってたら
ちらっと写った駅の看板に「布施市大江町」 の文字が…!
えっ?布施市ってどこよ!?布施は確か東大阪市のハズやろ。
と思ったのでさっそく調べてみました!
これによると布施市は1967年1月31日まで大阪府にあった市で現在は東大阪市になってるそうです。
へ、へ〜、近所に住んでるのにそんなん知らなかったわ。。。
それにしてはドラマは1991年から始まってたような。ま、まぁいいか。
最後に驚いたのは武田鉄矢の流暢な博多弁大阪弁でしょうか。
なんかつっこむ所が多くてすごいドラマやな〜と思いましたが
大阪弁を使わないのなら徹底して使わないで欲しかったかなっ。変に気になるから。
子役達は迫真の演技でしたが亮司役の子がぽっちゃりしてたのが(私の)想定外。

作者の東野圭吾さんはTBSのサイトでインタビューを受けてます。
それとは違う所のインタビューで主役の2人の愛情はもちろん、
それ以上に2人の無気味さ、怖さに期待したいと答えてるのが印象的でした。
確かに小説ファンとしては、そこが一番期待したい所です。
[PR]
by pachi120 | 2006-01-13 13:22 | 独り言
line

大阪人パチの日常。がっつり停止中…


by pachi120
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31